vscodeでJavaの開発環境を作る

はじめに

長年、Javaで開発していますがずっとEclipseを使ってきました。IntelliJ IDEAも試してみたいけど、業務での環境と合わせるのが難しい。そこで、vscodeでできないかと思い、試してみることにしました。

事前準備

vscodeとGitとJDK11(Zulu)をインストールしています。 インストール手順は、Chocolateyのインストールの記事に書きました。

Mavenのインストール

拡張機能に後述するMaven for Javaを入れても、Maven本体をインストールしていないと使えません。なので、Chocolateyでインストールします。

choco install maven --version=3.6.3

インストール後、Powershellを再起動してバージョンを確認します。

> mvn -version
Apache Maven 3.6.3 (cecedd343002696d0abb50b32b541b8a6ba2883f)
Maven home: C:\ProgramData\chocolatey\lib\maven\apache-maven-3.6.3\bin\..
Java version: 11.0.9, vendor: Azul Systems, Inc., runtime: C:\Program Files\Zulu\zulu-11
Default locale: ja_JP, platform encoding: MS932
OS name: "windows 10", version: "10.0", arch: "amd64", family: "windows"

「C:ProgramDatachocolateylibmavenapache-maven-3.6.3」フォルダにインストールされ、M2_HOME環境変数も設定されます。_

vscodeの拡張機能

Japanese Language Pack for Visual Studio Code

まずは、日本語化として「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」をインストールします。

GitLens

Gitを操作するのに便利な拡張機能なのでインストールします。

Java Extension Pack

Microsoftが提供しているJavaの拡張機能をまとめたものをインストールしてみます。
これには以下の拡張機能が含まれています。

  • Language Support for Java(TM) by Red Hat (Red Hat)
    • Code Navigation
    • Auto Completion
    • Refactoring
    • Code Snippets
  • Debugger for Java (Microsoft)
    • Debugging
  • Java Test Runner (Microsoft)
    • Run & Debug JUnit/TestNG Test Cases
  • Maven for Java (Microsoft)
    • Project Scaffolding
    • Custom Goals
  • Project Manager for Java (Microsoft)
    • Manage Java projects, referenced libraries, resource files, packages, classes, and class members
  • Visual Studio IntelliCode (Microsoft)
    • AI-assisted development
    • Completion list ranked by AI

Javaプロジェクトの作成

MavenでJavaプロジェクトを作成します。 「C:¥development¥vscode-java-sample」フォルダを作成し、vscodeで開きます。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。(コマンドプロンプトの場合、^としGitBashの場合は¥とする)

mvn archetype:generate ^
  -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart ^
  -DinteractiveMode=false ^
  -DgroupId=com.mabushiisign.vscode_java_sample ^
  -DartifactId=vscode-java-sample

このままだと古いバージョンのJavaのため、変更します。
変更したソースは以下のリポジトリに格納しています。
https://github.com/mabushiisign/vscode-java-sample

プログラムの実行

mainのメソッドに「Run | Debug」のメニューが表示されます。 f:id:mabushii_sign:20201231004857p:plain

Runをクリックすると実行できます。
この場合、実行されターミナルに「Hello World」が表示されます。 f:id:mabushii_sign:20201231005058p:plain

テストの実行

テストも、テストのメソッドやクラスに「Run Test | Debug Test」のメニューが表示されます。 f:id:mabushii_sign:20201231005233p:plain

実行すると、ステータスバーに実行結果のサマリが表示されます。 f:id:mabushii_sign:20201231005704p:plain

失敗がないときは結果は、ステータスバーに表示されるだけで、失敗しているときはJava Test Reportが表示されます。 成功した場合もステータスバーのサマリをクリックするとJava Test Reportが確認できます。 f:id:mabushii_sign:20201231005935p:plain

そのほかの機能

メソッドの定義に移動することや、リファクタリング周りの機能もあり、コーディングするには一通りの機能が揃ってそうです。 なので、もう少し使っていきたいと思います。